画家・坂内和則 & 夢療法家・坂内慶子のWebsite

画家・坂内和則 & 夢療法家・坂内慶子のWebsite
天の鳥船庵からのお知らせ

2022年05月27日

天の鳥船庵夢療法家養成講座第20期受講生 並びに講師見習いとケース研究のためのクライアント募集



IMG_0050.jpeg
(名前はわかりませんが、色目が気に入ってカメラを向けました。)


養成講座はコロナ禍の余波を受けて去年1年間お休みをいただきました。
面談実習がメインの講座なので緊急事態宣言下では開講自体が不可能でした。
コロナ禍が落ち着きはじめたことと、
オンライン面談も取り入れて再開することができました。
という訳で今期今年からはじめた19期は満を持しての再開でした。
「満を持す」とは「十分に準備して機会を待つこと」です。
この講座の再開を希望してくださった受講生にとっても、
満を持しての受講だったようです。
それだけ受講生は夢による面談療法に気概を示し、
夢の将来性を信じていました。
この21日にはケース研究のための討議は全て終わり、
来月は最終試験を迎えます。

19期のケース研究のためのクライアントを務めてくださったみなさん、
本当にありがとうございました。
開けてみればクライアントを引き受けてくださった方々もまた、
暗中模索のなか希望を内に求め、
外側の条件に異議を唱える人たちでなかったことが、
これからの日本のあり方に通じるものと希望が持てました。
5名のみなさまから窺い知れた内容をここにしたためましょう。


IMG_0048.jpeg
(この頃は海岸の侵食が激しく浜辺に出られませんが、
珍しく引き潮時に降りてみました。)


第一に4ヶ月の間に人生を大きく方向転換された方がいます。
それまでの人生の流れから急転直下体を張った仕事に就職するという、
大変な時にケース研究のためのクライアントを引き受けてくれました。
夢のバックアップは、
滞りの原因を明らかにしこれまでの実績に確たる自信を持つことでした。

更に、状況は変わらなくても、
受け取り方考え方を変えることで気を楽にされた方がいます。
詳細をお話しできないのでこんな表現しかできませんが、
自分の運命を刺刺しく思っていたそこに光明を見る体験をしました。
夢の表現力の癒しです。
この方の言葉
「子育てもまだまだ大変。
時間も取られるし。
それで自分も成長していると思えばね。」
魂を生きることを理解されています。

中にはケース研究のクライアントをされている間に、
身近な方々を次々にあの世に送られ、
今までの人間関係を終えることになった方がいます。
この方は近親者から生前夢を通して感謝を伝えられています。
亡くなった後の状況をあらかじめ伝えるためにこの形を取ったのでしょう。
夢は異次元通信でもあり、
魂を生きるわたしたちは生死に関係なく夢で意思疎通を行います。

亡くなった方が夢に登場する力は、
その方の霊格が作り出します。
亡くなった方が意志を持って夢を作るわけですから、
夢に亡くなった方が登場するだけで、
夢の意義は深いものがあります。
そこに我欲は入りません。
この世にいるとき、
親は子供に親の望みを生きてほしいと願い、
それがその子のためと思い込み、
我欲だと気付きません。
しかし肉体を脱ぎ捨て魂だけになると、
「あなたの好きなように生きなさい」と言ってきます。
この言葉に込めた想いは人生の核心を突いています。

そして過去生から持ち越した人間関係にどう向き合うか、
じっくり時間を与えられている方がいます。
夢が伝える骨子は「自分で考える」ということです。
ここまでくると外側から植え付けられた宗教的教義も、
精神世界理念も適用できません。
頼りになるのは自分の真我だけです。

この5人の方々の生きる姿勢に頭が下がります。


IMG_0049.jpeg
(ワカメを少々いただきました。右後ろの女性はガラスの破片を探し、
左の男性は海の幸を探しているようでした。)


という訳で、この講座のケース研究のためのクライアントを募集します。
クライアントをご希望の方は、
あらかじめ個人セッションかオープンクラス(6月11日)を
お申し込みください。
セッションの結果で、
クライアント役が相応しいか双方で判断したいと思います。

ケース研究のためのクライアントとしては、費用は不要です。
面談の際の飲料代は自己負担でお願いしています。
夢に興味があり、
自己探究に乗り出したい方には最適な出発点と思います。
心の準備としては、
自分の問題は自分の中にあるという理解が必要です。

クライアントをしてくださる方は、
受講生であるセラピストと両者の都合の良い日と場所で、
面談療法を毎月1回(1時間程度)4回に渡って受けていただきます。
受講生はその内容を面談毎にレポートとして作成し、
講座内で行われるスーパーバイズを受け、
ケースカンファレンスに出席します。
この結果をクライアントは次の面談で知ることができます。
これによりクライアントになった方は、
夢の伝えるアドバイスを知ることができるので、
夢を通して自己覚知をする導入部としてこの体験が役立ちます。

ご希望の方はフォームメーラーから早めにお申し込みください。
(尚、精神科の投薬治療を受けられている方には不向きです。)


❀ ❀ ❀ ❀ ❀


天の鳥船庵夢療法家養成講座第20期の日程

日程:毎月第3土曜日
 1:7月16日
 2:8月20日
 3:9月17日
 4:10月15日
 5:11月19日
 6:12月17日

時間:10:30〜17:30(昼食1時間30分 ティータイム30分)
費用:15万円
 但:講師見習いで出席の方は5万円 
   その場合もケースを持たれる場合は15万円 
定員:5名(受講生)講師見習い(2名)
問い合わせ・予約先:http://dream-bannnai.com/keiko-contact.html
連絡先:090-3812-7908
会場:248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ケ崎3−8−7 2F 天の鳥船庵





posted by バンナイ at 11:29 | Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

  • (c) Kazunori Keiko Bannai All Rights Reserved
  • Home